TOP > 記事一覧

【育毛剤完全マニュアル】人気の記事はこちら

育毛剤に関する色々な記事の中でも特に需要が高く、皆さんにたくさん読まれている記事をピックアップしております。育毛剤に関する情報だけではなく、AGAや肌トラブルの事について知りたい方は是非参考にしてください。

発毛促進剤「ハツモール」の効果

発毛促進剤「ハツモール」の効果

抜け毛・薄毛が目立ち始めたら、発毛促進剤のハツモールを使用してみましょう。薬局・薬店で販売されている商品で、医薬品のため確かな効果を得られます。さまざまな種類の薄毛・脱毛症に効果があり、頭皮環境を改善するためにも役立ちます。 女性ホルモンが配合されており、男女ともに使用できるのが特徴です。薄毛は放置しておくほど進行するため、早急に対策を始めなくてはいけません。 医薬部外品の育毛剤を使用してもイマイチ実感できない方は、医薬品の発毛促進剤をおすすめします。ハツモールは発毛促進はもちろん、脱毛を予防したい方からも愛用されています。 【医薬品の発毛促進剤です】 数ある育毛剤の中でもハツモールは効果・効能を期待できる医薬品に分類されています。薬局・薬店で取り扱いをしているヘアーグロアーSは170mlと230mlの2種類があります。パッケージは男性用をイメージさせますが、男女兼用なので女性も使用できるのが特徴です。 女性ホルモンのエストラジオール安息香酸エステルを筆頭にし、ジフェンヒドラミン塩酸塩やピリドキシン塩酸塩などの9種類の有効成分を含有します。男性の若ハゲのほか円形脱毛症、粃糠性脱毛症などに効果的で、頭皮環境を抑えたりホルモンバランスを調整したりできます。 育毛剤の多くは医薬部外品であり、副作用が非常に弱いというメリットがある反面、肝心の効果は医薬品には負けてしまうのです。ハツモールは第二類医薬品に属する発毛促進剤で、れっきとした髪の薬になります。 薄毛の多くはホルモンバランスの乱れによって発生し、特に男性型脱毛症のAGAに言えることです。髪は頭皮とは別物ではありますが、頭皮から生えていることに違いはありません。つまり肌に悪い習慣は髪にも悪いと考えてよいですし、頭皮以外の肌と同じように加齢による影響も受けます。 男性ホルモンの過剰分泌が原因のAGAは進行性であり、放置しておいて治ることはありません。生活習慣を改善したりシャンプーの方法を見直したりする程度では改善しないため、医薬品のハツモールを試してみましょう。 エストラジオール安息香酸エステルの作用によって男性ホルモンを適度に抑制し、髪が生えやすい状態にしてくれます。 【頭皮環境を正常にして発毛促進】 発毛させるためには髪に栄養を与えることが大切ですが、それ以前に頭皮環境の健全化が必要になってきます。頭皮の炎症・かゆみ・フケなどが発生している状態は健全とは言えませんし、乾燥肌やオイリー肌にも注意が必要です。 肌トラブルが発生しているときの頭皮は敏感になっていることが多く、抜け毛が増えやすくなっています。薄毛は髪が細く短くなることだけが原因ではなく、髪が大量に抜けて発毛が追いつかなくなったときにも発生します。 ハツモールに配合されるジフェンヒドラミン塩酸塩は、炎症・かゆみを抑制するために効果的です。頭皮に異常が発生している状態は育毛環境として問題があるため、まずはここから整えていく必要があります。 健康な地肌は適度に皮脂が浮いており、指で簡単に動かすことができます。乾燥していたり皮脂が多すぎたり、地肌が硬くなりすぎているような状態は健全とは言えないのです。 かゆみの厄介なところは無意識のうちに掻きむしってしまい、それが抜け毛につながることです。テーブルや枕に大量の抜け毛があるという方は、掻きむしっていないか日頃の行動を自分で観察してみましょう。 ハツモールに含まれるヒドロコルチゾンは、炎症を抑制してかゆみ・腫れなどを解消するために役立ちます。レゾルシンやヒノキチオールには殺菌・抗菌作用があり、フケが気になる方に最適です。 急にフケが増え始めたり毛質が縮れてきたりした場合は薄毛の前兆の可能性があるため、早めにハツモールで対策をしてください。 【血行促進や角質軟化にも効果的】 髪は血行が悪くなるほど弱々しくなり、全体的なボリュームがなくなります。抜け毛の本数に変わりがなくても髪1本1本が細くなれば、地肌が目立ってくるので注意してください。髪がぺちゃっと寝るようになってきたら、毛根に十分な栄養が届いていない可能性があります。 ハツモールは血行促進や角質軟化にも役立つため、特に頭皮が硬くて悩んでいる方におすすめです。トコフェロール酢酸エステルは毛細血管の流れをスムーズにし、さらに頭皮のアンチエイジングを促進します。 活性酸素から地肌を守ることで、ダメージの蓄積を防いでくれるのです。乾燥や紫外線なども頭皮にダメージを与える原因になるので、日頃から意識して予防しましょう。 ピリドキシン塩酸塩は皮脂腺の作用を整えることで、皮脂分泌を適量に変えてくれます。皮脂が過剰に分泌されると脂漏性脱毛症の原因になるので注意です。毛穴に皮脂が詰まって固まることで、育毛成分の浸透を妨げてしまいます。皮脂は毎日の洗髪で落とすことが基本ですが、ハツモールで分泌量を抑えることも可能です。 サリチル酸は角質を柔軟にすることで、育毛成分の浸透力を高めてくれます。効果的な育毛成分を与えていても、頭皮が吸収しにくい状態では本来の効果を発揮できません。 発毛のためには適量の有効成分を、いかに効果的に毛根に届けるかがポイントです。パントテン酸カルシウムは髪や頭皮の栄養バランスを正常化し、髪を強くするために役立ちます。髪を健康にするためには栄養を無駄なく毛根に届け、毛母細胞を活性化させることが大切です。 【正しい使用法で効果を発揮させよう】 ハツモールの効果を引き出すためには正しい使い方で継続使用する必要があります。発毛促進剤を使用しても、翌日に髪が生えることはありえません。発毛は少しずつ進行するので今日明日を比較して効果を判断することは不可能です。 ハツモールを使用して発毛を成功させている方は、長期連用をしているのが特徴です。気長にコツコツと使い続けることが重要なので、ハツモールの使用を日頃の日課にしてしまいましょう。 1日の使用回数は2~3回が好ましく、一般的な育毛剤よりも多くなっています。抜け毛や脱毛の状況に合わせて使用回数を調整してください。使用量は1回あたり2~3mlで、同じく悩みに応じて調整するのがおすすめです。 ハツモールを塗布したあとは、指の腹で十分にマッサージをしましょう。マッサージは血行促進・吸収促進などのメリットがあり、同時に硬くなった頭皮を柔軟にしてくれます。 健康な頭皮は指で簡単に動かせるほど柔らかいものなので、硬いと自覚している方は注意してください。硬いからすぐに薄毛につながるわけではありませんが、将来的に薄くなるリスクは高いと考えてよいでしょう。 洗髪は毎日行うようにして頭皮を清潔にしておいてください。頭皮にギトギトした皮脂が浮いている状態は薄毛を促進させやすいです。発毛のためには髪によいことを実践する必要がありますが、同時に悪いことを取り除いていくことも大切です。 生活習慣などに問題がある場合は、不規則な部分を改善していきましょう。食生活の健全化や適度な運動・ストレス解消などは、髪を内側から育てるための基本です。 まとめ ハツモールは効果・効能を明記できる第二類医薬品の発毛促進剤です。頭皮環境を健全にして髪を強くしてくれるので、全体的に痩せ細ってきている方におすすめです。 また女性ホルモンを配合しているため、男性のAGAの予防・改善にも役立ちます。血行が悪い・頭皮が硬いなどの症状は薄毛の原因となるので注意してください。ハツモールは血行促進・角質軟化に効果的なので、頭皮を指で動かすのが難しいほど硬くなっている方にも最適です。 発毛効果を引き出すために継続的にハツモールを使用し、頭皮と毛根を育ててください。頭皮マッサージを併用すると効果を最大限に引き出すことができます。

日本で初めてのダイレクトOTC薬「リアップ」の効果は?

日本で初めてのダイレクトOTC薬「リアップ」の効果は?

OTC医薬品とは、薬局やドラッグストアで販売されている医薬品を指します。また、ダイレクトOTCは、医療用医薬品としての販売実績がないまま、第1種医薬品として販売されるものです。 これは医薬品としては、極めて例外的なもので、現在日本国内においては、発毛効果が認められている「ミノキシジル」と足のむくみを改善する「アンチスタックス」のみです。 ここではこの「ミノキシジル」を配合した代表的な育毛剤「リアップ」について、その効果をはじめ、5種類あるリアップの、それぞれの特徴を紹介します。加えて、正しい使用方法と、注意すべき点についても、あわせて説明します。 リアップには、どのような効果があるのか リアップの特徴としてまず、ミノキシジルという成分が、配合されていることが挙げられます。ミノキシジルとは医薬品の成分で、毛乳頭を刺激することで、毛母細胞の増殖を促す効果が認められるものです。 毛母細胞とは、その内側にある毛乳頭や血液から、栄養と酸素が供給されることで分裂し、毛髪を形成する組織のことを言います。このため、ミノキシジルによって、毛髪そのものが増えることが期待できる他、もともと血管拡張薬であったため、血流を促す効果も期待できるものです。 このように、ミノキシジルは毛母細胞の増殖促進と、血流促進、2つの効果が期待できる有効成分となっており、日本皮膚科学会も、その有効性を5段階評価ガイドラインにて、最高に位置付けています。 リアップを販売する大正製薬のホームページでは、ミノキシジルについて、初期段階においては、新しい発毛の促進と、毛包の活性化作用があるとしています。 また後期に移行する段階では、毛髪の成長を促進させ、小さくなった毛包を、大きく深く成長させるとの紹介もあります。このように、リアップには発毛だけでなく、生えてきた毛髪が抜けてしまうことを、防ぐ効果も期待できるものです。 通常のリアップに配合される成分は、ミノキシジル以外に、殺菌作用や保湿、乳化作用のあるプロピレングリコールと、殺菌作用、収斂作用、清涼感のあるエタノールのみです。 リアップは、ダイレクトOTCという、日本ではあまり例のない医薬品ですが、これに加えて、生活の質を改善するライフスタイル・ドラッグという、珍しい位置づけもあります。 5種類のリアップの特徴について リアップには通常のタイプをはじめ、リアップX5プラス、リアップジェット、リアッププラスがある他、女性向けのリアップリジェンヌという商品もあり、ミノキシジルを配合した育毛剤は、合計5種類あります。 このうち、通常のリアップには、ミノキシジル1%以外の有効成分は特に配合されておらず、シンプルな処方です。一方のリアップX5プラスには、ミノキシジルが5%と、高濃度に配合されています。 さらに、過剰な皮脂を抑えるピリドキシン酢酸塩や、皮脂の変質を抑えるトコフェロール酢酸エステルも配合され、発毛に加え、頭皮ケアもできるものです。またミノキシジルによって、血行が促されるため、頭皮にかゆみが生じやすくなりますが、リアップX5プラスには、かゆみを抑え、清涼感を与えるl-メントールも配合されています。 リアップジェットは、ミノキシジル1%に加え、毛母細胞に栄養を与えるパントテニールエチルエーテルと、トコフェロール酢酸エステル、l-メントールを配合し、ジェット噴射による心地よい使用感が特徴的です。 リアッププラスは、リアップジェットと配合されている成分は同じですが、ジェット噴射なしで、通常の使い方ができるタイプとなっています。 また女性向けのリアップリジェンヌも、配合成分は、リアッププラスやリアップジェットと変わらないものですが、女性でも購入しやすいピンク色のパッケージが特徴です。 リアップのシリーズには、この他、シャンプーやリンス、ヘアトニックがありますが、これらにはいずれも、ミノキシジルは配合されていません。このため、これらの製品に発毛効果はなく、あくまで頭皮を清潔に保ち、育毛に良い環境に整えるのに向いているものです。 リアップの正しい使用方法とは リアップは、天然成分などを配合した、一般的な育毛剤とは異なり、第1種医薬品に指定されています。このため、気が向いたときに、適量だけ使用するのではなく、用法・容量を守ることが大切です。 リアップの正しい使用方法として、1日2回、1回につき1mlを頭皮に塗布します。この時に、脱毛が気になる箇所が広くとも、1mlを超えて使用しないよう、塗り広げて使います。リアップで期待できる効果を、さらに高めるためには、シャンプー剤を残さないよう、十分に洗い流すというように、正しいシャンプーも大切です。 さらに、シャンプーをする際に、程よい頭皮マッサージをするのも、おすすめです。また、濡れたままの髪は雑菌が繁殖しやすいため、洗髪後はドライヤーで十分乾かしてから、リアップを使用します。 また、夜にリアップを使用した後は、濡れたままにせず、乾いてから就寝するようにしましょう。これら普段の生活でできることに加え、洗髪だけでは落としきれない汚れを、定期的な頭皮クレンジングで落とすことで、さらなる効果が期待できるようになります。 頭皮クレンジングには、椿油やホホバオイルなどの、皮脂に近い天然オイルがおすすめです。オイルを手につけて、頭皮をマッサージした後は、お湯ですすぎ、シャンプーとリンスをして、洗い流します。 リアップは、たくさんつけることで、その分より多くの発毛効果が期待できるというものではありません。むしろ、容量より多く使用してしまうと、医薬品であるため、副作用のリスクが高まってしまう恐れがあるものです。 このため、正しい用法・容量を守り、頭皮を健やかに保つケアを取り入れることが、リアップの効果を高める正しい使用方法となります。 リアップを使用する際に注意すべきこととは リアップはドラッグストアや、ショッピングサイトなどで販売されているため、一般的な育毛剤のように購入しやすいものです。しかしながら、医薬品であるため、使用を開始する場合には、注意すべき点もいくつかあります。 まず、天然成分などを配合した、一般的な育毛剤であれば、気分転換をしたいときなど、使用する回数やタイミングについて目安はあるものの、それほど気にかける必要はありません。 一方で、リアップは朝晩1日2回、1回につき1mlというように、用法・容量を守ることが求められるものです。これに加えリアップは、年齢を重ねたことによる、薄毛や脱毛に効果があるものの、円形脱毛症や甲状腺疾患、放射線治療によるものなど、それ以外の脱毛には有効ではなく、使用された経験もありません。 このため、壮年生脱毛症以外の脱毛には、使用できないものです。また、頭皮に傷や湿疹などの肌トラブルがある場合は、使用できないことに加え、他の育毛剤との併用も不可です。 それから女性の場合、リアップX5のように、ミノキシジル5%の製品の安全は確認されていません。このため女性であれば、ミノキシジル1%の女性向けリアップのみが使用できます。 この他にも、過去に化粧品で肌トラブルを起こしたことがある、高血圧、低血圧、心臓や腎臓に障害がある、むくみがあるなど既往歴がある場合には、使用前に医師・薬剤師に相談が必要です。 また、ミノキシジルは医薬品であるため、用法容量を守っていても、発疹やかぶれ、頭痛、めまい、むくみ、心拍数の増大など、副作用の出る可能性があります。このため使用して、気になる症状があらわれた場合には、速やかに医師へ受診することが必要です。 まとめ リアップは、日本初のダイレクトOTCであり、生活を改善させるライフスタイル・ドラッグという、日本では珍しい特徴を兼ね備えた育毛剤です。 育毛剤というと、たくさん付けた方がより効果が期待できるのでは、と考えてしまいがちですが、医薬品のリアップは用法・容量を守ることが基本です。 リアップは合計で、5種類のシリーズ展開をしていますが、初めて使用する場合、男性であれば、シンプルな処方で、ミノキシジルの量も低容量からの、通常のリアップが始めやすくなっています。 また、気になる既往歴がある場合には、あらかじめ医師に相談してから使用を開始することで、副作用などのリスクが低減されることに繋がります。

通販でも人気!育毛剤によく使われる成分ご紹介

通販でも人気!育毛剤によく使われる成分ご紹介

薄毛を気にし始めた時に、自分でできる手軽で身近な対策として多くの方が思いつくのが、「育毛剤」の使用ではないでしょうか。テレビコマーシャルやチラシなどで良く見かけることが多いですし、通販などで手軽に買えることから使用している方も多い印象があります。 ですが、自分で「育毛剤」を購入しようと思った時に、あまりにも沢山の種類が出回っているため、どれを選べばいいのか迷ってしまうという方が多いです。 また薄毛の原因は人により様々ですので、どの成分が有効かも人によって違いがあります。 そこでここでは、育毛剤に多く使われる成分を「薄毛の原因別・それぞれの効果」の観点から見ていきたいと思います。 【血行不良が原因の場合に効果的な成分】 頭皮の血行が悪い方というのは頭皮が固い傾向にあります。そのため毛髪に栄養が行き渡らず抜け毛を招いてしまう可能性があるとされています。それまで男性ホルモンを抑えるタイプの育毛剤を使用していて効果がなかった方などにおすすめです。 「センブリエキス」・・・育毛剤の成分として良く耳にすることが多い成分です。植物から抽出されたもので、毛根の細胞賦活作用や毛細血管の増強による血行促進効果が高いといわれています。 「ミノキシジル」・・・血圧を下げる薬として使用されていたこともあり、血管を拡張し血の巡りをよくする成分です。血の巡りが良くなると毛根中心部の毛乳頭が刺激され、発毛が促進するとされています。 「トウガラシエキス」・・・カプサイシンという辛み成分を含み、口から摂取した時に発汗が促されることからもわかるように、神経を刺激し血行を良くし頭皮を温める効果があります。またかゆみを抑える効果も認められています。 「ニンジンエキス」・・・漢方として有名なものです。高麗人参や朝鮮人参などから抽出され、頭皮の血行を促進すると同時に抗菌作用や保湿などの効果もあるといわれています。 「ニコチン酸アミド」・・・ニコチンと聞くと煙草を思い浮かべる方もいらっしゃいますが、煙草のニコチンとは全く関係のないビタミンの一種です。毛細血管を拡張し皮膚の状態を整え毛母細胞を活性化する効果があります。 「ジフェンヒドラミンHCI」・・・炎症を抑えたり鎮痛効果があるため、頭皮のかゆみを抑えてくれます。最近ではシャンプーなどにも使用されることがあります。 【男性ホルモンの過剰分泌が原因の場合に効果的な成分】 男性の薄毛の原因に多い男性ホルモンの過剰分泌を抑える成分です。 「フィナステリド」・・・男性ホルモンの一つである「ジヒドロテストステロン」という成分が毛乳頭細胞の働きを妨害する物質を抑制します。毛乳頭細胞が正常に働いていないと皮脂が毛穴に詰まり、薄毛を招くといわれています。 「キャピキシル」・・・「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」の成分を混合して作られた成分の総称を指します。高濃度のイソフラボンを含み男性ホルモンを抑え抜け毛を抑えてくれます。 「ヒオウギエキス」・・・イソフラボンが主成分で女性のエストロゲンに似た作用を持ち、男性ホルモンの作用を抑えることから抜け毛防止効果があるとされています。 「ノコギリヤシエキス」・・・ヤシ科の植物ノコギリヤシから抽出します。男性の頻尿対策サプリメント等で知られるようになりました。おもに男性の抜け毛の原因の多くである「ジヒドロテストステロン」を抑制する効果があります。 「エチニルエストラジオール」・・・聞きなれない成分のようですが、女性ホルモン剤の一種で別名「エストロゲン」のことです。男性ホルモンを抑制することで、男性型脱毛症である「AGA」に効果がある他、女性の薄毛や抜け毛対策にも効果があると言われています。 「冬虫夏草エキス」・・・サプリメントなどで御存知の方もいらっしゃるかもしれません。冬虫夏草と植物から抽出したエキスで、その栄養素が頭皮の育毛を促します。アミノ酸も豊富で、髪の元になるたんぱく質の合成をサポートしてくれます。 【皮脂分泌が多い場合の効果的成分】 頭皮が脂っぽいと感じるタイプの薄毛の方におすすめの成分です。頭皮の皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まって頭皮環境が悪化し、髪の生育を妨害する可能性があります。 「ドグダミエキス」・・・ドグダミの茎や葉っぱから抽出したエキスです。抗炎症効果や皮脂の分泌を抑えてくれます。またフケ・カユミを抑え、気になる頭皮の臭い対策にも効果があるといわれています。また、血管を丈夫にしたり血管を拡張させる効果があることで、血流が良くし毛母細胞にしっかりと栄養を送る効果も期待できます。頭皮に栄養が行き渡れば、毛髪の成長サイクルも整ってきます。 「シャクヤクエキス」・・・シャクヤクのエキスの中には血行促進、消炎・抗炎症効果があるとされ、頭皮環境を整えることで、フケやかゆみを抑える効果があります。他にも血流を促すことにより毛乳頭に栄養を送り、頭皮の皮脂のバランスを調整してくれます。保湿効果があることで乾燥による皮脂の過剰分泌が抑えられる効果も期待できます。 「オドリコソウエキス」・・・オドリコソウの茎や花、葉のから抽出したエキスです。中に含まれる「タンニン」や「フラボノイド」が毛穴を引き締め頭皮のキメを整える効果があるといわれています。また皮脂腺の活動を抑えて分泌量をコントロールしてくれる効果や、消炎効果があることから、頭皮や毛根の状態を正常に保ってくれます。フケ・カユミにも効果があります。安全性が高いためスキンケア化粧品などにも使われることが多い成分です。 【毛母細胞に元気がない場合の効果的成分】 髪の毛が細い・コシがないなどの特徴がある方におすすめの成分となります。髪の毛の太さを決定づける「毛母細胞」に充分な栄養が行き渡ってないことが原因とされていますので「ビタミン」や「亜鉛」等の栄養素を含む育毛剤がおすすめです。 「ビオチン」・・・水溶性ビタミンB群の一種で、頭皮の皮膚細胞の再生能力を助けコラーゲン生成促進や頭皮の血行を良くする等、健康な髪の状態を保つのに有効的な成分です。 特に女性の育毛剤などに多く使われていて薄毛や抜け毛、細毛などに悩む女性に適しています。育毛剤に配合される他の生薬エキスとの相乗効果により抜け毛を予防し頭皮環境を整えるなどの効果がみられます。髪が健康になることでハリとコシもよみがえり、しっかりした毛髪が生育されるようになります。 「ペンタデカン酸グリセリド」・・・毛髪の生育サイクルの一つである「休止期」の毛髪の毛乳頭細胞を活性化させる働きがあるといわれていて、現在多くの育毛剤に配合されている成分です。臨床試験においても高い育毛効果が認められています。おもに作用するのは毛乳頭の活性化で、男性ホルモンのジヒドロテストステロンに作用したり、頭皮の血行改善には作用しないとされています。つまり男性ホルモンに影響されることなく毛母細胞に栄養分を送る成分ということができます。 「グリチルリチン酸ジカリウム」・・・漢方で使われる「甘草(かんぞう)」という植物の根っこから抽出される成分です。育毛剤だけでなく化粧品や外用薬などにも配合されています。抗炎症作用・抗アレルギー作用があり頭皮を健やかに保つことで、健康な髪の成長や生成を促してくれます。 【まとめ】 以上、多くの育毛剤の中に含まれる成分を薄毛の原因を元にした効果別に見てきました。 広告でよく目にするから、高い効果がうたわれているからという理由で購入して使ってはみたものの、あまり効果が得られなかったという場合は、ご自身の薄毛の要因と育毛剤に含まれる成分の効能が合致していなかった、ということも考えられます。 その場合は、自分の毛髪や頭皮の状態をチェックし、そこから出来る範囲で薄毛の原因を探り、それに適した成分が配合された育毛剤を選んでみると良いでしょう。 ただし育毛剤というのは即効性があるというよりじわじわと効いてくるものが多いです。状態が改善してきたなと感じたらしばらく続けてみることをおすすめします。

天然植物成分配合!「モンゴ流」の効果は?

天然植物成分配合!「モンゴ流」の効果は?

肌質に合わないシャンプーを使っているせいで、常に頭皮が乾燥した状態になっている方々におすすめなのが、天然植物成分を配合しているモンゴ流です。敏感肌の方々でも使いやすいように、成分が調整されている理想的なシャンプーとして話題になっています。 モンゴロイド系の人たちのヘアケアの手法をヒントに開発された製品で、薄毛になるのを防ぐために必要な成分を、厳選しているのがモンゴ流の特徴です。昔からモンゴロイド系の人は洗髪をする際に、植物由来成分を使っていた事に注目をして、モンゴ流の成分内容が決められました。 このモンゴ流が多くの人から愛される理由や、成分に対するこだわりをご紹介します。 【アミノ酸洗浄成分で頭皮を綺麗にできる】 皮脂の分泌量が多いせいで、いつも毛穴に皮脂が詰まっている事に悩まされているのなら、モンゴ流を使って頭皮を綺麗にしてください。このシャンプーには大量のアミノ酸洗浄成分が配合されており、皮脂の多さに悩まされている方々でも、頭皮の毛穴が呼吸しているのが分かるぐらい、毛穴を綺麗にできると言われています。 モンゴ流の原材料の一つのシーバックソーンには、大量のアミノ酸やリンゴ酸などが含まれていて、頑固な皮脂でも落とせると好評です。シーバックソーンはアリゾナの砂漠地帯や、モンゴルの高原に自生している植物で、ビタミンやオメガ7脂肪酸などの保湿効果が期待できる成分も含まれています。 日頃から頭皮が乾燥しやすいせいで、皮脂の分泌量が増えている方々にとっても、シーバックソーンは理想的な植物です。奇跡の植物とも呼ばれるシーバックソーンを使って、健康的な頭皮を作り出してみてください。 皮脂の分泌量のバランスを整える効果が期待できて、皮脂が多すぎるせいで毛穴が詰まったり、乾燥が原因で頭皮が硬くなるのを防げると言われています。シーバックソーンに含まれるビタミンは、血流促進効果もあると言われており、血流の悪化が原因で頭皮が硬くなって、頭髪が抜けやすくなっている方々にもおすすめです。 頭皮のマッサージを繰り返していても、頭皮が柔らかくならない事に悩まされていた人も、シーバックソーンの栄養を含むモンゴ流を愛用しています。アミノ酸は毛髪の保湿にも役立ちますから、乾燥が原因で毛髪が切れやすくなっている時にも、モンゴ流の成分を毛髪に浸透させてください。 【新陳代謝を活発にするための成分を配合】 栄養バランスの悪い食事ばかり口にしていたり、睡眠時間が不規則な生活を続けていると、新陳代謝が悪くなってしまいます。新陳代謝が悪化すると疲れが取れにくくなるだけでなく、毛髪が生えにくい状態になって、薄毛に悩まされる事になりかねません。 頭皮の新陳代謝を活発にするために、ユッカ根エキスがモンゴ流の原材料に選んでいて、サポニンという成分を頭皮に浸透させてくれます。サポニンには新陳代謝を促進する効果や育毛効果が期待されており、薄毛に悩まされている方々とも相性が良い成分です。 ユッカはインディアンが古くから愛用してきた植物で、毛髪の健康を守るために活用されていました。保湿効果にも優れている植物として話題になっており、頭皮が乾燥しやすい体質をしている方々も、モンゴ流を使う事で頭皮にうるおいを与えてください。 抗酸化作用もあると言われており、体内が酸化する事で新陳代謝が悪化していたり、疲労感に悩まされている時にもサポニンを摂取する人が増えています。男性ホルモンを抑える働きも期待できるので、ホルモンバランスの乱れが気になっている方々も、サポニンを含むモンゴ流を愛用するようになりました。 ホルモンバランスの乱れも皮脂の分泌量を増やす原因で、頭皮がベタつくようになったと感じたら、男性ホルモンが増えすぎている可能性もあります。睡眠時間が不規則だと、ホルモンバランスが乱れやすくなりますから、生活習慣を改善しながらモンゴ流を使って、頭皮の健康を整える事を推奨します。 【血管拡張作用で健康な頭皮を目指す】 普段からデスクワークを頑張っている方々は、座っている時間の長さが原因で血流が悪化してしまい、頭皮の健康が損なわれている事も珍しくありません。頭皮への血流が不足すると、毛髪を伸ばすために必要な栄養が毛穴に行き届かなくなり、部分的に抜け毛が増える事もありえます。 血流が悪化した状態を放置していると血管が細くなってしまい、抜け毛が増える事になりかねませんから、モンゴ流を使う事で対処してください。モンゴ流であれば血管拡張作用も期待できますし、頭皮をマッサージしながらシャンプーをしているだけで、血管に活力を与えている感覚が分かりやすいと好評です。 このシャンプーに含まれているカンカエキスは、カンカニクジュヨウという植物から抽出された成分で、血管拡張と血流促進に効果的な成分だと言われています。ただ頭皮を綺麗にできるだけでなく、頭皮全体に栄養が行き渡るように成分が調整されているのも、モンゴ流が愛される理由です。 血管が細くなってしまうと、栄養だけでなく酸素も頭皮まで運びにくくなって、毛髪が伸びるサイクルが乱れる原因になります。毛髪が抜け落ちるペースと比べて、毛が生えるペースが遅くなってしまうと、それだけで薄毛になりかねません。 毛髪が生え変わるサイクルが乱れないように、成分が調整されているモンゴ流を頼って、頭皮の健康を整える事をおすすめします。細くなってしまった頭皮の血管を拡張したいのであれば、シャンプーをする前後に頭皮を温めておく事も重要です。 【AGAの原因の還元酵素に対処する】 抜け毛の量が増えてきた時には、AGAという男性型脱毛症を発症している可能性を考えて、モンゴ流を使う事でAGAに対処してください。5αリダクターゼというAGAの原因になる還元酵素が、抜け毛の量を増やさないようにモンゴ流の成分は調整されています。 5αリダクターゼの働きをブロックする効果が期待できる成分を、18種類も配合されているのがモンゴ流の魅力です。テストステロンという男性ホルモンと、5αリダクターゼが結合する事によって、DHTという抜け毛を誘発させる悪玉男性ホルモンを作り出します。 DHTを増やさないためにモンゴ流には、センブリエキスやビワ葉エキスなどの、植物由来成分を大量に配合しているのが特徴です。植物由来だからこそ肌にも優しくて、安心してAGA対策を続けられると評価されています。 イラクサという植物のエキスは、AGA対策だけでなく頭皮の痒みを防ぐ効果も期待されており、定期的に頭皮が痒くなる事に悩まされている人にも最適です。AGAに対処するためにクリニックに通いながら、モンゴ流のように信頼度の高いシャンプーを使う事で、どれだけ抜け毛を減らせるのか試してみてください。 AGAの症状が悪化している事が原因で、フケの量が増えている人も珍しくありませんから、フケの量の変化にも注意が必要です。フケが増えてきたらモンゴ流を使うだけでなく、クリニックで頭皮の状態を確認する事をおすすめします。 5αリダクターゼの働きをブロックする治療薬を服用しながら、モンゴ流のような植物由来成分を含むシャンプーを使うのが、AGAに対処するためのコツです。 まとめ 頭皮を清潔にするだけでなく、血流促進や血管拡張効果まで期待できて、AGA対策にもモンゴ流は活用されています。モンゴ流の成分をチェックするだけで、毛髪1本ずつの太さにも違いを感じられると評価される理由が分かるはずです。 ドライヤーなどの熱で毛髪がダメージを受けたり、頭皮が乾燥するだけで抜け毛が増えないように、モンゴ流を使って健康的な毛髪を作り出してください。洗浄力が強すぎるせいで、頭皮のうるおいを保つために必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮の乾燥に悩まされる心配も無いシャンプーとして好評です。毛髪が生え変わるサイクルが乱れてきたと感じた時にも、モンゴ流を使ってみる事をおすすめします。

サプリと併用がおすすめ!評判の育毛剤効果を高める方法

サプリと併用がおすすめ!評判の育毛剤効果を高める方法

育毛剤の効果を高めるには、色々な方法で刺激を与えることが重要です。髪の毛に良いシャンプーを使っても、食生活がいい加減では高い効果を得ることができません。 育毛剤を使っていると必ず髪の毛が太くなり、薄毛が改善されるかというと、そうではないです。育毛剤の効果を最大限にするには、サプリと併用することをおすすめしています。 髪の毛や皮膚は、食べたもので作られていて、食品から摂取した栄養素を必要なところに運ぶことで体は出来上がっています。育毛に効果があると言われているサプリはたくさんあるので、今回はそのなかでも特に注目されているものを紹介します。 【育毛剤の効果を高めるサプリ①】 まずは髪の毛を作る上で欠かせないミネラルである亜鉛です。亜鉛は食品で一日に必要な量を摂取するのが難しく、サプリで摂ることをお勧めしています。 亜鉛は活力を与えてくれて、男性としての機能も回復させます。仕事で疲れやすいと感じている方にも最適なので、幅広い人に飲んでもらいたいサプリです。 次は髪の毛や皮膚、爪などを作り出すたんぱく質です。たんぱく質は肉や魚から摂取することができますが、日本人は摂取量が低く、たんぱく質が足りない方が多いです。たんぱく質が足りなくなると髪の毛は弱弱しくなり、抜け毛にもつながります。 肉や魚をたくさん食べるのは大変ですし、お金もかかります。余計な脂質も大量に摂取することになるので、プロテインでたんぱく質を補給することをおすすめします。 プロテインは余計なものが含まれていない純粋なたんぱく質のかたまりなので、毎日たくさん摂取しても特に副作用もなく、安心して使い続けることが出来ます。 食品は国産のものが安全で美味しいですが、サプリに関しては海外製品のほうが高品質でコストパフォーマンスが高いことが多いので、海外製品を使うことをお勧めします。 国産の場合はプロテインは1kgで3000円前後くらいの価格ですが、海外製品だと5kgで7000円前後で売っています。中身は基本的に差は無いので、海外製品を購入した方が良いです。 人気なのはヨーロッパ、北米の製品ですが、配達には時間がかかることを覚悟しておきましょう。ヨーロッパであれば1週間前後、北米であれば3日程度かかります。 天候や休日や祝日の関係でさらに遅くなることもありえるので、注文をするときは余裕を持って購入するようにしましょう。プロテインは賞味期限が長いので、ストックしておいても平気です。 【育毛剤の効果を高めるサプリ②】 先ほど紹介した亜鉛と併用して摂取することで髪の毛にハリと元気をもたらすのがコラーゲンです。コラーゲンはもつ鍋などを食べることでたくさん摂取することが出来ますが、毎日もつ鍋を食べるわけにはいかないので、サプリで摂取するのが賢い方法です。 コラーゲンは髪の毛の健康を保つために欠かせないもので、肌の潤いを保つためにも大切な働きをしています。髪の毛にはキューティクルというコーティングのような膜があります。このキューティクルがなくなると髪の毛はダメージを受けやすくなり、水分を閉じ込めておくことができなくなります。 髪の毛が痛むと健康な時よりも細くなり、結果として髪の毛全体のボリュームが減ってしまいます。髪の毛を元気に育てるためにはコラーゲンが大切ということを覚えておくと良いでしょう。 ビタミンも育毛には必要なもので、特にビタミンBは育毛のために欠かせない栄養素です。ビタミンBはたんぱく質を合成するのをサポートする役割を担っています。せっかくたんぱく質を摂取しても、上手く合成されないと、エネルギーとして使われてしまったり、脂肪に変わったりしてしまいます。 さらに、余ったものはそのまま外に排出されてしまいます。なので、効率よく合成が行われるようにビタミンBも摂取します。そうすることで髪の毛は強く太くなっていきます。 食品だと豚肉やブロッコリーに多く含まれていますが、大量に食べる必要があるのでサプリを活用した方が良いです。 【育毛剤の効果を高めるサプリ③】 男性機能の改善に役立つノコギリヤシは最近注目を集めているサプリです。口コミでも育毛に効果あるという評判が多く、育毛剤と併用することで効果が数倍になるという意見も多いです。 泌尿器系疾患に効果があることは以前から知られていましたが、育毛に効果があるというデータが発表されてからは薄毛予防などで使用している方も増えています。イソフラボンも昔から知られている栄養素で、女性ホルモンの分泌を促す働きをしています。 女性ホルモンが安定して分泌されていると育毛のサイクルも正常に働くので、育毛サイクルが上手く回っていない場合はイソフラボンを積極的に摂取しましょう。 イソフラボンは大豆食品から摂ることができますが、大豆が苦手な人やアレルギーがある方は食べることが出来ないので、食事に加えてサプリを飲んだ方が良いです。血流を促進させる作用があるカプサイシンも育毛剤と併用することで効果がアップします。 毛根全体に育毛剤を浸透させるにはスムーズな血流と代謝が重要になります。この血流と代謝をあげるにはカプサイシンが欠かせないです。カプサイシンは唐辛子などに含まれていますが、辛いものが苦手な人は摂取することが難しいのでサプリを活用した方が良いです。 【育毛剤の効果を減らす食品】 ここまで育毛剤の効果をアップさせる栄養素、食品などを紹介してきましたが、ここからは反対に育毛剤の効果を減らしてしまう食品のことを説明します。 まずはハンバーガー、フライドポテトなどのファストフードです。ファストフードには体に良くない油がたくさん使用されていて、この油を摂取することで毛穴が詰まったり、血液の流れを悪くしてしまいます。 たまに食べるくらいならばそこまで心配する必要はないですが、毎日食べている方は育毛の邪魔になるので少し控えましょう。 カップラーメンやスナック菓子などもあまりお勧めは出来ないです。高カロリーで脂質が多いので体の中で脂肪に変わりやすい食品です。たんぱく質があまり入っていない上に、ビタミンやミネラルなどもほとんど含まれていないので、あまり食べない方が良いです。 育毛に悪いというわけではないですが、良いものは一つも入っていないと考えると育毛に関してはメリットはないのです。 お酒も育毛剤の効果を減らしてしまいます。アルコールは体の中で分解することができず、体は有害なものと判断します。そのため、本来育毛のために働くべきである消化器系などに余計な仕事をさせることになります。 育毛剤の効果を最大限にするにはアルコールは減らすか、ノンアルコールに切り替えましょう。お酒を飲むことでストレス解消になるという方もいると思うので、晩酌程度のお酒は飲んでも問題はないです。 【まとめ】 育毛剤を使っても生活習慣や食生活が乱れていると効果は現れにくいです。むしろ一番大事なのは日々の生活習慣と食事です。 規則正しい生活を送り、夜更かしをしないでしっかりと睡眠を取るということが育毛の大前提になります。食事も同じで、脂っこいものを大量に食べていて、たんぱく質やビタミン、ミネラルが不足していると髪の毛は細くなり抜けやすくなります。 睡眠と食事を変えることが出来れば、育毛剤の効き目もよくなります。そこに必要なサプリを加えることで、育毛剤の効果をさらに上げることが出来るでしょう。

【育毛剤完全マニュアル】新着記事はこちら

「ランキング」や「コンテンツ」では記載しきれない、育毛剤に関する最新の情報を随時更新しています!自分にピッタリな育毛剤を選ぶ上で欠かせない情報が満載です。

生薬の力で発毛促進!「モウガ」の効果

頭皮にマイルドな生薬系の育毛剤を探している方におすすめしたいのがモウガです。生薬が乱れた頭皮を正常化することで元気にし、毛根から髪を活性化していきます。 髪を元気にするに[…]

天然植物成分配合!「モンゴ流」の効果は?

肌質に合わないシャンプーを使っているせいで、常に頭皮が乾燥した状態になっている方々におすすめなのが、天然植物成分を配合しているモンゴ流です。敏感肌の方々でも使いやすいよう[…]

発毛促進剤「ハツモール」の効果

抜け毛・薄毛が目立ち始めたら、発毛促進剤のハツモールを使用してみましょう。薬局・薬店で販売されている商品で、医薬品のため確かな効果を得られます。さまざまな種類の薄毛・脱毛[…]

発毛促進薬「カロヤン」の特徴と効果

年齢と共に、薄毛や抜け毛が気になるようになったという人も多いのではないでしょうか。生え際が後ろに後退しておでこが広くなったり、頭頂部から徐々に薄くなったりする人がいます。[…]

カテゴリから記事を探す

「効果」「成分」などで記事をカテゴリ分けしています。興味があるカテゴリの中から必要な情報だけ見たいという方は是非カテゴリから記事を探してみて下さい。